家計簿

家計簿がつづかないのはしょうがない!忙しいあなたを救うたった一つの方法

みく
みく
また、家計簿つけるのサボっちゃった…
さとみ
さとみ
この前気合いれてすごくいい家計簿買ってたよね?
みく
みく
そうだよ!わーん!お金の管理をして無駄をはぶきたいのに!
さとみ
さとみ
このままじゃ、節約どころか出費がかさむだけね…

こんなふうに

「お金の支出が毎月よくわからないからしっかり管理しよう!」

とそこそこ値段のいい家計簿を買っても長続きせず放置…なんてことを繰り返していませんか?

それでは節約どころか、家計簿分が無駄でもったいないですよね。

かくいう私も一人暮らしをしていたときは管理は非常にガバガバで、月末になるとお金が足りないかも…!なんてヒヤヒヤをくりかえしていた時期がありました。

家計簿つけようと思ったんですが、続きませんでしたよ。

だからまずはこの記事をよんでいるあなたにはこういいたいです。

無理に家計簿はつける必要はない

ということを。

むしろなんとかつけようとした自分にエールを送ってやってください。

この記事では

▼家計簿が続かないのはしょうがない!?

▼家計簿のもともとの目的

▼毎月つける必要はないんです。

について解説しています。

またこの記事の最後ではそれでも家計簿をつけなきゃならないときはどうしたらいいのかについても解説しています。

家計簿をつけられない自分をこれ以上責めるのはやめてください。

あなたは十分がんばりましたよ。

ベッドに横になりながらでも気楽によんでいってください。

家計簿が続かないのはしょうがない!?

私も一人暮らしをしていたときエクセルで家計簿をつけようと思ったことがありますが、1週間も続きませんでした…

仕事が忙しい・疲れている

仕事が忙しくて帰ったら夜遅く、すぐに夕飯の支度をしてそのまま風呂に入って就寝。

夕飯の支度ができるだけまだいいですが、割と外食と中食が多くなりがちだと出費も多くなります。

するとどうしても家計簿にかいて支出は把握しておきたいですよね。

でも疲れてできないのではありませんか?

なんというかそれどころじゃないというか。

最初はつけていても、あるときからぷっつりやらなくなってしまう。

それはあなたが必死に生きているだけ。

なので、家計簿を続けられない自分を責めないでやってくださいね。

いちいち家計簿ノートを探すのが面倒

家計簿ってノートを探して開いて書くことってかなり大変ですよね。

いや最初はできるんですが、だんだん書くことが億劫になります。

休日にまとめてかいたりはするのですが、いつのまにか定位置になくなってどこかいく…なんてことあるあるではないですか?

私も仕事で疲れているとエクセルをたちあげるどころかパソコンをつけることすらも面倒でした。

パソコンを開いてそのままyoutubeをみたりして、いつのまにか家計簿のことを忘れてしまう…なんてことがよくありましたね。

レシートで財布がいっぱいになってとてもじゃないが見る気にならない

「レシートを捨てたいけど、これは家計簿にかいていないから捨てられない!」

なんてイライラを抱えていませんか?

ある日気がついたら細かいレシートで財布がパンパン!

『でも家計簿かいていないから!!捨てられない!!』

と思いつつも、家計簿をつけられずだんだん嫌になって

「もう家計簿やめちゃお!!!」

とレシートをごっそり捨てた経験あるのでは?

そう、レシートがたまっていくと家計簿をつけていないことに気づかされるのですが、なかなか家計簿を開く気になれないんですよね。

なぜならほとんどの人が忙しい&面倒くさいからです。

この記事をよんでいるあなたも例外ではありませんよ。

あなたは仕事をしているので、そのお金をつかって食事で時間を買っているのです。

あなたは間違いなく忙しいのです。

だからこそ家計簿に向き合う時間がとれないだけです。

急な出費が続くと残りの生活費がいくらか知りたくない

「今月飲み会3回めだ、2回までにしようと思ってるのに…」

月の半分をすぎて自分できめたルールをやぶると、一気に家計簿って適当になりませんか?

そうなるともう家計簿なんてどうでもよくなって、

「イエーイ!もう残高なんてどうでもいいー!!」

と思って散財してしまったり。

もう残りを気にしてると逆に憂鬱になることに気づくともうタガが外れてしまいますよね。

みく
みく
あるあるだーつい本屋によってマンガを買っちゃったり、コンビニでスイーツをかったりしてる…

月末なぜこんなに出費をしたのかと自分を責めてしまう

月末に残りの残高をみて青ざめたことはありませんか?

「なんでこれしかないの?????」

思わずATMに立ち尽くしかけたことがあるのは私だけではないはず(笑)

こういったことが続くと

『家計簿もロクにつけられない、ダメなのに出費しまくる…』

なんて自分を責めていませんか?

さとみ
さとみ
浪費はよくないのはわかってるけど、つい買っちゃうよね

以上の原因から家計簿をつけるのがしんどくなっていき、続かなくなっていく

以上の原因があれば、そりゃあ家計簿をつけつづけるなんてめっちゃ大変なんですよ。

まず仕事をしているだけ偉い!!!

あなたは偉いんです。

家計簿を続けられないからって自分を責めないでくださいね。

本当はあなただってしっかりとお金を管理したいことは、私がよーく知ってますから。

じゃなかったらこの記事までたどりつきません。

次に家計簿がつけられない、と悩む前によんでほしいことをまとめました。

家計簿で大事なこと忘れていませんか?

さて、まずそもそもあなたが家計簿をつけはじめた最初の理由は?

貯金がしたかった

無駄なお金があるならきちんと家計簿に書いて把握はしておきたいですよね。

でも貯金が目的ならもっといい方法がありますよ。

それについては別に記事をかいていますので少々お待ちを。

月末にお金がなくなっていることに気づいた焦りから

月末にお金がなくて、焦りに焦る…なんて経験があれば家計簿をつけて

「何にお金を使いすぎたんだ!」

と原因を知りたくなるのは当然のことです。

それは焦りますよね。

ただ、あなただったら何にお金を使ってしまったのか心当たりがあるとは思います。

…え?本当にわからない?

本当はちょっと心あたり、あるのでは?

家計簿をつけてるとかっこいいと思ったから

なんとなくロフトにでかけて、家計簿をみかけて

「これなら支出確認できるからいいかも」

と思ってやってみたものの、続かない…!

というのなら続けなくていいと思いますよ。

さとみ
さとみ
ロフトはおしゃれな文具がそろっててとっても魅力的なんだけどね…

そもそも家計簿とは月にいくら何につかったかわかるようにすること

そもそも家計簿とは月にいくら何に使ったかはっきりさせるものです。

あなたがだいたい何に使ったかわかっていれば十分です。

さらに言えば一人暮らしを始めた・引っ越しをしたという理由があれば最初のうちはつけておいてもいいと思います。

でもその生活が半年以上続けられていれば、つける必要はありませんよ。

次もよんでください。

毎月つける必要はないんです。

毎日毎月家計簿はつけなくてはいけないと思っていませんか?

しんどい思いをして家計簿をつけるなら、やる必要なし!

しんどい思いをして家計簿をつけているなら、やらなくても全然オッケーですよ。

できない自分なんて、とかネガティブ思考になってしまいますしね。

もちろんやらなくてはならない人もいるとは思いますが、

大前提として完璧にやろうとしないこと

を頭にいれておきましょう。

こんな言葉があります。

Facebookの創設者マーク・ザッカーバーグの言葉

Done is better than perfect.
(完璧であることより、まず終わらせることが重要だ)

あなたは十分家計簿をつけようと努力しています。

あなたは何度も家計簿に挑戦しただけすごいです。

そもそもつけないで終わらせようとしている人が圧倒的に多いのに。

自分がどれだけすごいかわかったら次に進みましょう。

それでできないのなら、もっと別のやり方を探すべき。

ここまで進んだあなたなら大丈夫でしょう。

次にどうやったら家計簿をつけ続けられるかを一緒に考えていきましょう。

まず今までの方法はやめましょう。

▼レシートをとってエクセルにうちこむ

▼家計簿をまた買ってまた書き始める

などなど、あなたが今まで続かなかった方法は×です。

次にそれでも家計簿をつけなければならないあなたのために情報をまとめましたので、読みすすめてくださいね。

それでも家計簿をつけなきゃならないときはどうしたらいい?

それでも家計簿をつけないとまずい、と思うあなたへコツをまとめました。

手書きの家計簿はかなり大変です。

手書きの家計簿はいろんな理由から続けていくのが大変なので、避けたほうがいいです。

▼どこかへいく▼読み返すのが億劫になって開かない▼重い▼お金がかかる など。

(※あくまで個人の感想です。)

【クレジットカードを使っている人にオススメ】家計簿アプリ『マネーフォワード』

クレジットカードと連携させると勝手に家計簿をつけてくれているのが、

『マネーフォワード』

というアプリです。

使っている私の感想は下の記事の先でまとめています。

私の場合は『マネーフォワード』ですべて済ましてしまっています。

はじめは

『クレジットカード情報をアプリと連携させるなんて…』

と抵抗がありましたが、導入してみると便利すぎて手放せなくなってしまいました。

できる限りクレジット払いにしてポイントためつつ、マネーフォワードをとおして家計簿を勝手につけています。

だいたいわかれば私の場合は十分なので、助かっています。

現金払いのお店はあとで入力して追加をすることができるので大丈夫です。

現金主義の人はどうしたらいい?

クレジットカードもっていない、という人がいたらぜひクレジットカードを使って色々払うことをオススメします。

マネーフォワードを使えば、勝手に家計簿をつけてくれるのでいちいちレシートをためる必要はありません。

時間短縮もそうですが、高くて重い家計簿をもたなくていいのってめっちゃ楽ですよ。

さいごに

この記事では家計簿が続かないあなたへ、

▼家計簿が続かないのはしょうがない!?

▼家計簿のもともとの目的

▼毎月つける必要はないんです。

について解説してきました。

大前提として家計簿はだいたい支出がわかっていたらつける必要がありません。

どうしてもつけたい人はマネーフォワードという家計簿アプリを利用しましょう。

ただしこのアプリはクレジットカードを使ったときに最大限の効果を発揮しますので、現金主義の人はクレジットカードから用意することになります。

現金主義はアナログなので、アナログな方法で記録をとるしかありません。

クレジットカードやマネーフォワードのようなデジタルを利用して、家計簿で悩む時間を節約しましょう。

みく
みく
節約の前にクレジットカードの内容がわかるようにしたいと思います。
さとみ
さとみ
利用できるアプリは利用してやろう!