家計簿

家計簿が続かない人必見!勝手につけてくれる家計簿アプリレビュー!

みく
みく
新しい家計簿買ったし、またがんばるぞー!
さとみ
さとみ
みくって、この前家計簿挫折してなかったっけ?
みく
みく
うん!でもロフトでめっちゃかわいいのみつけたから買っちゃった!
さとみ
さとみ
…そう……
さとみ
さとみ
(私は家計簿つけるのが面倒だから、マネーフォワードで一括管理してるけどね)

このように

『家計簿つけてしっかりお金管理してやるぞ!』

と意気込んでも1週間ももたずに、家計簿かかなくなってことはありませんか?

私はあります。

めっちゃあります。

仕事で疲れて面倒くさくなってやらなくなっちゃうんですよね…

でもこんな私でも家計簿が簡単につけられるアプリがあったんです。

それが『マネーフォワード』というアプリ。

なので『マネーフォワード』を紹介したいのですが、このアプリは使える人が限られています。

そこでこの記事では

▼『マネーフォワード』が向いてる人、向いていない人

▼家計簿を勝手につけてくれる家計簿アプリ『マネーフォワード』とは?

について解説しています。

まずあなたが『マネーフォワード』にむいているかをしっかり確認して記事を読みすすめてください。

さあレシートでお財布がパンパンになる毎日はこれでおわりにしましょう!

>>私のマネーフォワードを2年使った正直な感想はこちら

『マネーフォワード』が向いてる人、向いていない人

マネーフォワードは”とある特徴”があり、向いていない人がいます。

まずはここからおさえましょう。

クレジットカードを使っている人がオススメ

マネーフォワードはアプリで家計簿を勝手に記録してくれるアプリです。

それにはクレジットカード&銀行口座をアプリと連携させる必要があります。

つまり現金で光熱費を払っていたり、現金で居酒屋にいったりしている人は手打ちで金額をいれなくてはいけないのでちょっと面倒です。

クレジットカードをばんばんに使っている人には『マネーフォワード』は助けになるツールになります。

現金主義の人はどうしたらいいの?

「クレジットカードと連携させるのが怖い」

「そもそもクレジットカードをもっていない!」

という人がいたら、とりあえずこの記事はこういったことができる、という把握のためによんでみてください。

私もかつてはそうでしたので、あなたの気持ちはとてもよくわかります。

ですが時代はどんどんかわっていきます。

少しでも便利なツールは使っていくべきです。

頭のスミにでも考えをもっておいてください。

家計簿を勝手につけてくれる家計簿アプリ『マネーフォワード』とは?

マネーフォワードについて説明します。

マネーフォワードとは?

使ったお金を勝手に「食費」「水道光熱費」「携帯代」「ネット代」などのカテゴリにわけてくれるアプリです。

そのためには銀行口座とクレジットカードとアプリの連携が必須です。

一度連携してしまえば、わざわざ銀行にいって残高を確認してしまう必要なし!

記帳も必要ありません。

アプリをみるだけで今月の食費が何円、ネット何円…とわかるんです。

ただ、銀行口座の連携がちょっっっと厄介!

(銀行にいって口座をオンラインでみれる手続きが必要です。)

(いつも使っている口座がオンライン対応していない場合、アプリと連携させることはできません!)

なのでまずはクレジットカードの連携をオススメしています。

それで使ってみて自分にあってるな!と思ったら銀行口座と連携させてくださいね。

マネーフォワード ME - 人気の家計簿(かけいぼ)

マネーフォワード ME - 人気の家計簿(かけいぼ)

Money Forward, Inc.無料posted withアプリーチ

マネーフォワードを2年使った正直な感想

マネーフォワードを2年使った私の正直な感想を箇条書きに書き出しました。

  • 無料版で十分
  • 一年前の月と比べたいときだけ課金すればOK
  • 即日に使ったお金が反映されるわけではないのが注意
  • 銀行口座の連携がちょっと面倒だった
  • わざわざ記帳をしにいかなくてもよくなったのがいい
  • 銀行やATMにいく機会がかなり減ってラクになった←これが超嬉しい&超でかい
さとみ
さとみ
わざわざ会社の昼休みに抜け出してATMにいかなくなったからめっちゃ便利なのよね~
みく
みく
昼休みのATMってめっちゃ混むしね

さいごに

この記事では家計簿が続かないあなたへ、

▼マネーフォワードにむいている人、むいていない人

▼マネーフォワードとは?

▼2年マネーフォワードを使った私の感想

についてまとめています。

マネーフォワードは一度導入してしまえば、ATMにいく機会がグンと減ります。

短い昼休みにわざわざ混んだATMにいかずにすみます。

時間も節約できますよ!

家計簿が続かないならデジタルツールを使って続けていけるようにしていきましょう!

みく
みく
まっ、私は紙の家計簿のほうがいいけどね!
さとみ
さとみ
(これは、フラグ…!!)

~~この記事のみくが結局どうなったのかは下の記事でわかります。~~